神奈川ハウスクリーニングセンターのブログ

神奈川県内を全域で対応しております、ハウスクリーニングサービス業です。神奈川ハウスクリーニングセンターでは、エアコンクリーニング、ハウスクリーニング、店舗清掃、お掃除サービスとして常に地域一番店を目指し、日々精進して参ります。

タグ:#新型コロナウイルス感染予防

こんにちは。神奈川ハウスクリーニングセンターの木村です。
全国各地で広がっています、新型コロナ感染拡大。今の日本では、感染が緩やかに拡大しつつあります。
世界的に見ても、感染者数が大幅に増加しており、感染予防には各自でできることを進めていくことしかありません。
また、都市封鎖と言われるようなことがあると、日本の法律では外国のように外出禁止処置はとれず、特措法第45条第1項を適用することで、生活の維持に必要な場合を除き居宅からの外出を制限できる法案となります。
 首都圏封鎖などの状況が発生すると、食料の買い占めが横行してしまいます。食料については、買いだめしなくても、毎日流通はありますので安心してください。ただし、必要以上に買い占めることを皆さんが行うと、一気にパニック状況となります・・・
 ただ、いつ発生してもおかしくない状況ですので、乾麺・パスタなど一時的にしのげるようにしておくことが大切です。米・塩・味噌さえあれば、非常事態としては乗り越えれます・・・

つまり、緊急事態宣言が発令されても、いきなり買い出しに行くことなど必要はありません。
買い物や食料はいつものようにしていたらいいのです。

いま、現在できることとしては、手洗い・うがい・洗顔・十分な睡眠確保・免疫力向上などです。

そして、初期の感染判断としては、発熱・下痢・頭痛・のどの痛み・咳など風邪の症状となりますが、最近では、「嗅覚・味覚」異常が多く見られております。
コーヒーの臭いがわからない、食べ物の味がわからないことなども感染した場合の初期症状です。

また、マスク着用しての外出をされることも徹底していくことが重要です。
現在、マスクが医療機関に優先しているため、品薄傾向となっており、一般に出回ることが殆どない状況です。

ネットなどでは、マスクの販売がありますが、未だに割高価格となっております。
マスクの原料が上がったことなど原因でしょう。

また、ネットで販売しているマスクとして注意していただくことは、医療用サージカルマスクかどうかです・・・
単に、安いからこれと決めても、三層構造マスクでも、紙の薄さや透視率により効果が異なります。
ただ、ホコリを吸い込まないためにマスクを使用するならそれでもいいかもしれませんが、今回はウイルス感染のマスクだということを念頭においてください。

神奈川ハウスクリーニングセンター

本日、2月20日にも豪華客船プリンセス号の乗客を除き、新たに6都道府県からの感染者が発表されました。
北海道では、雪まつり事務作業をしていた人も感染と報じられております。もしかすると、ウイルスは雪の結晶などのパウダーで耐えれるものなのでしょうか・・・もしも雪などの表面で耐性があるとしたら、パウダーで舞ったりすると・・・
それとも、誰かとの接触で感染なのか・・・

沖縄県の感染者も、市中感染の疑いがあり、どのようにして感染したのかと疑問です。現段階では、沖縄県でも3名の感染が確認されております。

千葉県では7人目の感染を確認しており、感染経路が不明です。

憶測で考えればいろいろな状況が考えられます。
・飛沫感染・空中からの空調関係(空調ダクト)・エアロゾル感染(霧状に浮遊する粒子に混じったウイルスを吸引する)もしエアコンのフィルターを通過して、ウイルスはどうなるか・・・
エアコンの内部構造は、フィルターを通過して室内の空気を内部の熱交換器アルミフィンを通過して、室内に冷気又は、暖気を送り出す構造です。夏場のエアコンは、湿気により内部の熱交換器に水滴が付着して細かいホコリなども詰まるほどに通過することはありません。しかし、暖房では、乾燥しているため内部のアルミフィンは細かいホコリでも通過ができるのです。
これはあくまでも憶測ですが・・・

現在は患者の治療を優先して感染拡大策としても「手洗い・うがい・マスク着用・洗顔・密閉空間室内の空気の流れ」を外気を通すことが望ましいと思われます。

市中感染が確認されてから最初の発症者から2週間経過でどのぐらいの感染者が出るのか・・・不安なところが多い現状です。

対策として
充分な睡眠と休養を取り、体力を蓄えましょう。また、免疫力を高めるためにも、納豆・チーズ・ヨーグルト・キムチ・カルピス乳酸菌を摂取しておくことも必要です。

電車などの公共乗り物を避けるなどの対処をしましょう。
車などでも、少し窓を開けることで感染確率は低くなるようです。

いよいよ市中感染も懸念されるようになりつつあります「新型コロナウイルス肺炎」
患者の治療を職務全うするべき医師、看護師の方が感染しております。これこそ院内感染でもあり、今までの情報以上に感染力が強いのでは?と疑問にもなります。

お医者さんだからこそ、患者さんの治療をすることで手洗いや、うがいは徹底しているのだと思います。
マスク着用して診療をしていても感染経路はあることを、考えればやはり、不要不急な外出を避けるべきかとも思います。

また、マスクの不足・消毒液の不足なども発生しており、ドラッグストアーでは未だに、マスクが品切れ、アルコール消毒液が品切れにもなっております。
時間は進んでおり、感染しにくい状況を各家庭でも考えるべきだと思います。

当然ながら手洗い・うがい・マスク着用が最低限の防御策でありますが、人が多く集まるイベントなどに参加を控える声もあります。

都内でも発症者が増えつつあり、自己管理的な防御策として参考までに・・・
1.睡眠時間をしっかりと確保すること。1日6時間以上で、安定した血液中の白血球数を保持しましょう。
2.納豆、チーズ、味噌、ヨーグルト、カルピス飲料などを日々摂取して、乳酸菌で免疫力をアップすることでしょう。
3.お酒・アルコールの摂取により利尿作用が高まると、体内の水分量が不足しがちとなります。免疫力低下の原因ともなりますので、ほどほどにする。また、寝る前にコップ一杯の水を摂取すること。
4.手洗いを常時徹底して、家庭内にいても1時間に一回手洗いするなど。
5.夏場と違い、上着などは常に一度着たら洗濯などしませんよね?スーツの上着など帰宅したら、ハンガーに吊るして除菌消臭スプレーを吹きかけて乾かすこと。

*つり革などの公共の乗り物で触る場所があったりしますし、手洗いは徹底しましょう。

神奈川ハウスクリーニングセンター

↑このページのトップヘ