神奈川ハウスクリーニングセンターのブログ

神奈川県内を全域で対応しております、ハウスクリーニングサービス業です。神奈川ハウスクリーニングセンターでは、エアコンクリーニング、ハウスクリーニング、店舗清掃、お掃除サービスとして常に地域一番店を目指し、日々精進して参ります。

2020年02月

こんにちは。神奈川は数クリーニングセンターの、代表・木村と申します。
2月より新型コロナウイルスによる感染者が国内で拡大しており、ハウスクリーニング業として、神奈川ハウスクリーニングセンターでは、2月28日より3月13日までの期間、在宅クリーニング・お住まいのお掃除・リテールクリーニングを休止とさせていただくこととなりました。
経済事情として、全国的に厳しい状況となっておりますが、まずは新型コロナウイルス感染拡大防止策。また、タワーマンションなどの密閉空間、エレベーター共有部分が多くあり、マンション管理会社組合としても、感染者を予防するべき処置なども考えられるためです。
特に、マンション入館時に手指消毒、手洗いを完全100%実施することなど厳しい状況だからです。
もし、在宅でのご依頼に伺った際に、作業前後にお客様の自宅の洗面台をお借りして、「うがいと手洗い・洗顔」までできるものでしょうか?

まずは、世界中での感染拡大を現実化となっている今、しばらく落ち着くまでは・・・との見解を踏まえたうえでの決断です。

また、会社内からの感染者が発生した場合は、集合住宅に出入りして、3時間・4時間と作業をすることにより、マンション住民の方々に不安を招く恐れも懸念することもあります。

空室の一戸建てなどでは、そこまでの懸念が無いこともありますが、まずはお問合せ受注時に、お客様へは新型コロナウイルスのため、立ち合い時に手指消毒・うがい・手洗いをさせていただくことをご説明させていただくこととなります。

空室のお引越し前後のお掃除ご依頼に関しては、お電話受付時にご説明。
在宅クリーニングのお問い合わせにつきましては、3月13日まで受注を休止とさせていただきます。
皆様の、ご理解とご協力を、宜しくお願いいたします。

神奈川ハウスクリーニングセンター
代表 木村健二



こんにちは。​神奈川ハウスクリーニングセンターの木村​と申します。
昨日は、旅館業で客足が低迷して、倒産する会社が出ております。今では、他業種の方々でも死活問題となっており、いろいろな企業でも厳しい現状となっております。
我々の業態でも、リフォーム業者・ハウスクリーニング業者ともに、3月からの引っ越しシーズンに繁忙期が来ないのではないかと、不安な声が出始めています。
現時点で、ハウスクリーニング業者では2月の売り上げが激減しており、3月の清掃予約が入ってこない状況です。
ハウスクリーニングの前に、リフォームを依頼するケースが大半ですが、リフォーム業者でも依頼が止まっているとのことです。
また、企業間での人事異動が無いとの声も聞いており、大手企業の移動が無いと、不動産物件の動きもないとのことです。
新型コロナウイルスで、様々な企業の仕事が止まっているのも現状となっております。
2月末に収束傾向が見られれば、3月末にはなんとか打破できるものと思われますが、3月末でも感染拡大が起こることで、5月まで危険な状況となります。

神奈川ハウスクリーニングセンター

こんにちは。​神奈川ハウスクリーニングセンターの木村​と申します。
昨日は、旅館業で客足が低迷して、倒産する会社が出ております。今では、他業種の方々でも死活問題となっており、いろいろな企業でも厳しい現状となっております。
我々の業態でも、リフォーム業者・ハウスクリーニング業者ともに、3月からの引っ越しシーズンに繁忙期が来ないのではないかと、不安な声が出始めています。
現時点で、ハウスクリーニング業者では2月の売り上げが激減しており、3月の清掃予約が入ってこない状況です。
ハウスクリーニングの前に、リフォームを依頼するケースが大半ですが、リフォーム業者でも依頼が止まっているとのことです。
また、企業間での人事異動が無いとの声も聞いており、大手企業の移動が無いと、不動産物件の動きもないとのことです。
新型コロナウイルスで、様々な企業の仕事が止まっているのも現状となっております。
2月末に収束傾向が見られれば、3月末にはなんとか打破できるものと思われますが、3月末でも感染拡大が起こることで、5月まで危険な状況となります。

神奈川ハウスクリーニングセンター

こんにちは。​神奈川ハウスクリーニングセンターの木村​と申します。
昨日は、旅館業で客足が低迷して、倒産する会社が出ております。今では、他業種の方々でも死活問題となっており、いろいろな企業でも厳しい現状となっております。
我々の業態でも、リフォーム業者・ハウスクリーニング業者ともに、3月からの引っ越しシーズンに繁忙期が来ないのではないかと、不安な声が出始めています。
現時点で、ハウスクリーニング業者では2月の売り上げが激減しており、3月の清掃予約が入ってこない状況です。
ハウスクリーニングの前に、リフォームを依頼するケースが大半ですが、リフォーム業者でも依頼が止まっているとのことです。
また、企業間での人事異動が無いとの声も聞いており、大手企業の移動が無いと、不動産物件の動きもないとのことです。
新型コロナウイルスで、様々な企業の仕事が止まっているのも現状となっております。
2月末に収束傾向が見られれば、3月末にはなんとか打破できるものと思われますが、3月末でも感染拡大が起こることで、5月まで危険な状況となります。

神奈川ハウスクリーニングセンター

日本全国各地で感染拡大が始まっている状況で、春の引っ越しシーズンに影響があると考えられます。
当然、引っ越し業者も営業がどの程度されるのか、不安な状況です。

例えば、マンションなどの管理組合でも、マンション内での感染者を出したくないことも事実。
出来る限り、マンションの入り口で阻止する必要があります。特に、タワーマンションなどでは、住宅密集型の高層マンションですので、内部で感染者が発生すると、エレベーター、通路、共用部分の空調システムが一体化している場合、ウイルスがダクトを通過し空調から吹き出されると、集団感染の恐れも考えられるのでは無いでしょうか?

今の時点で、収束に向かうとしても、完全に終結するのはゴールデンウィーク近くまで行くのではないでしょうか?
これは、ハウスクリーニング業者、引っ越し業者、リフォーム業者などにかなりの影響が見込まれます。
春の引っ越しシーズン繁忙期に向けて、どのような対策をするのか、各企業の悩みどころとなります。

また、第二の課題として・・・・
ハウスクリーニング業者の中には、室内の消毒業務を対応している業者です。
万が一、感染拡大して様態急変した場合などで、アパートなどの一人暮らしで孤独死など発生した場合、処理後の感染防止策として次亜塩酸不足入手困難な状況が発生すると、対応ができなくなります。
現時点でも、各メーカーからの入手する消毒液が不足しており、入荷まで10日前後かかっております。
日本でも、街中での消毒作業が発生すると、当然対応に追われることとなります。

各不動産会社さんも、万が一のときに備えて、ハウスクリーニング業者との綿密な打ち合わせを現時点で進めておくことを検討されるといいと思います。

今の時点で先行して消毒液をストックしても、未開封での消費期限が6カ月から8カ月となっているため、不用意に発注するわけにはいきません。
この点を、政府としても即座に対応できるように、事前検討することが必要ではないでしょうか?

神奈川ハウスクリーニングセンター

↑このページのトップヘ