神奈川ハウスクリーニングセンターのブログ

神奈川県内を全域で対応しております、ハウスクリーニングサービス業です。神奈川ハウスクリーニングセンターでは、エアコンクリーニング、ハウスクリーニング、店舗清掃、お掃除サービスとして常に地域一番店を目指し、日々精進して参ります。

2019年11月

お客さまのご要望

台風で室外機のモーターファンが逆回転してしまい、インバーター基盤とファンモーターが故障しました。メーカーさんに見積もりをいただき、部品代と作業工賃で、11万円となり困っていましたが、ネットで安く修理を対応していただけるところを、探しておりました。

施工前

jirei_image40322

*本体ブレーカーを落として、帯電チェックをしてから作業を開始します。
コントロールパネル・リモコンからエラーを感知して、どこの部品が問題なのか、いつから、どのような時に故障したのかを確認させていただき、修理対応をさせていただいております。

施工中

jirei_image40323

室外機には各メーカーにより、基板の種類が異なっております。特に室外機では、台風などの強風でファンモーターが逆回転をして、電圧異常を招く恐れがございます。メーカーによっては、インバーター基板交換のみで治ることもありますが、ファンモーターも交換が必要となります。

jirei_image40324

室外機の内側にインバーター基盤が取り付けられている種類もあります。機種、メーカーにより工程は異なります。

jirei_image40325

こちらが故障したインバーター基盤。
新品に交換します。

施工後

jirei_image40326

しっかりと接触をチェックして、配線の緩衝が無いように取り付けます。高電圧が発生するため、コネクターがしっかりと接続していることがポイントとなります。

jirei_image40327

外装カバーをはめ込み、各ボルトを固定していきます。
*最後は、本体ブレーカーを入れて、起動確認をします。

お客さまのご感想

迅速に対応していただきました。また、料金も出張費がかからず、工賃と部品代で良心的に感じました。今後も、何かありましたら、ご相談させていただきますので宜しくお願いいたします。

業者さんからひとこと

神奈川ハウスクリーニングセンターでは、今年の台風のような被害をうけられました、お客様より多くのお問い合わせをいただきました。エアコンのクリーニングから、修理対応なども部品が入荷できるものであれば、対応させていただきますので、宜しくお願いいたします。

お客さまのご要望

今まで自分で換気扇のお掃除をしておりましたが、毎回、油汚れがベトベト伸びたりして、途中であきらめがちでしたので、一度プロの手でしっかりと、お掃除していただこうと思いました。

施工中

jirei_image39980

薄型換気扇・レンジフードタイプは、水平式ドラムなどあり、モーター軸を損傷しないように丁寧に分解をしていきます。

jirei_image39981

このような薄型レンジフードでは、廃油受けなどがございませんので、年に一回のクリーニングは必須です。

施工後

jirei_image39982

一つ一つの部品を丁寧に洗浄して、組み立てます。

jirei_image39983

最終起動確認をして、お客様に立ち合い確認をしていただきます。

お客さまのご感想

とてもキレイに仕上がりました。時間も、きっちり2時間で終わることも魅力的です。もう、自分でお掃除するよりも、神奈川ハウスクリーニングセンターさんに任せて安心です。

業者さんからひとこと

年間多くのリピーターの方に、​神奈川ハウスクリーニングセンターのお掃除サービス​をご利用いただいております。年末には混雑いたしますので、早めのご予約をいただくことをおススメさせていただいておりますので、宜しくお願いいたします。また、期間限定のキャンペーンなどもございますので、公式LINEなどを登録していただくことをおススメします。

今年は台風の被害でエアコン室外機の、ファン逆回転により、逆電流でインバーター基盤故障、ファンモーター故障など多く発生しました。

主に、飲食店、店舗、オフィスのエアコンがトラブル多く見受けられました。
今までにない、台風の風力や、最大風速を記録することにより、今回のトラブルが多かったようです。

各メーカーにより、修理部品は異なりますが、日立メーカーなどでは、ファンモーターとインバーター基盤を交換する必要があるようです。

部品代としても、メーカーで異なりますが、平均5万円前後のようです。

このインバーター基盤には、ファンモーターと接続しており、風により逆回転をして、電流を抵抗して電圧異常になります。

接続配線を要チェックして、ポイントを見逃さないようにして最終確認をします。

配線結束をして、配線同士が緩衝しないように固定します。

最終チェックを終えたら、室外機組み立てをします。

ブレーカーを入れ、本体通電チェック、基盤の中心にあるグリーンのランプ(室内機と室外機との信号処理)を確認して、問題なければ、蓋をします。

今回の修理としては、メーカーによって配線や交換部品が異なりますので、エラー信号や、部品の手順をしっかりとチェックする必要があります。
神奈川ハウスクリーニングセンター

お客さまのご要望

浴室内全体にカビが繁殖しており、天井まで高さがあり、なかなか手が行き届かず困っております。プロの手で、奇麗にしてほしいです。

施工中

jirei_image30849

浴室壁のカビ取り作業・漂白作業

jirei_image30850

浴室天井のカビ除去・漂白作業

jirei_image30851

浴室内全体漂白して、水栓金具関係も磨き上げ

お客さまのご感想

さすがプロ・・仕上がりに納得。とても奇麗になりました。いろいろに業者さんを今まで、試しましたがここまで対応できるのは、神奈川ハウスクリーニングセンターさんです。今後は、年に2回定期的に依頼していきたいと思います。

業者さんからひとこと

お客様には大変ご満足していただき、ありがとうございます。今後も、神奈川ハウスクリーニングセンターをご利用いただきますこと、宜しくお願いいたします。

お客さまのご要望

築30年のホテル。3年前に改装して、エアコンも新規に取り付けましたが、3年間エアコンをクリーニングしたことが無かったので、初めてクリーニングを依頼したい。ホテルですので、部屋数が多く、まとめて割引で対応していただける業者を探しております。

施工前

jirei_image38301

エアコン内部のシロッコファン部分には、莫大なホコリと、カビ。また、布団などシーツの繊維が絡まっておりました。
風量も、低下気味であり、室内温度が低下することはありませんでした。

施工中

jirei_image38302

いよいよ、分解作業をしていきますが、部品は丁寧に取り外していきます。

jirei_image38303

こちらは、エアコン内部にあります、「ドレンパン」と言われる、水受けのお皿です。ゼリー状のスライムが発生しており、室外に排出する水を止めていることがわかりました。*スライム現象は、排水の水からバクテリアの繁殖により、雑菌が繁殖している状況です。

jirei_image38304

丁寧に養生して、汚水を受けれる状況を作ります。

jirei_image38305

こちらは、排水するためのドレンポンプです。ドレンポンプの奥にあるのが、フロートバルブです。フロートバルブが水位を上昇するとポンプのスイッチが入ります。
ポンプが、スライム現象により詰まり、水漏れ原因。また、緊急停止するなどのトラブルが発生しておりました。

jirei_image38306

エアコン内部を特殊な洗剤などを用いて、高圧洗浄します。
しっかりと、エアコン内部のカビを除去します。

施工後

jirei_image38307

エアコン内部から洗浄しました汚水がこちらです。
真っ黒に・・・エアコン内部のカビを丁寧に洗浄しました。

jirei_image38308

エアコンの効き目をチェックします。30分程、エアコンの吹き出し口に、温度センサーをセットして計測開始。
*30分間、水漏れ、エラーチェックを実施します。

jirei_image38309

30分後の吹き出し口の温度は・・・キンキンに冷えています。ガス圧も問題なし。室内も、快適に冷媒しております。
これで、もう安心ですね。

お客さまのご感想

部屋によっては、エアコンが効かない。冷えない。水漏れなど、いろいろなトラブルが重なっておりましたが、分解クリーニングをした部屋では、エアコンの効き目が強くなっており、お客様からの苦情も無くなりました。

業者さんからひとこと

この度は、神奈川ハウスクリーニングセンターをご利用いただきまして、ありがとうございました。エアコン内部を分解してみると、多くのカビや、ホコリなどの詰まり、また、ドレン排水ポンプが詰まっていることも確認いたしました。今後は、1年に1度のペースでエアコンのメンテナンスをしていくことをおススメさせていただきます。

↑このページのトップヘ