神奈川ハウスクリーニングセンターのブログ

神奈川県内を全域で対応しております、ハウスクリーニングサービス業です。神奈川ハウスクリーニングセンターでは、エアコンクリーニング、ハウスクリーニング、店舗清掃、お掃除サービスとして常に地域一番店を目指し、日々精進して参ります。

2019年08月

いよいよ9月ですね。 7月・8月とエアコンシーズンの稼働が多く、今月まで多くのお客様に、神奈川ハウスクリーニングセンターをご利用いただきましたこと、感謝しております。 また、9月も残りの月間は、エアコンクリーニングキャンペーンを継続しており、多くのお客様に弊社のキャンペーンをご堪能いただけるようにしておりますので、是非ともご利用いただきますことお願い申し上げます。 また、9月度は新たにキャンペーンとして、「キッチンレンジフード」クリーニングキャンペーンを開催いたします。

キッチン3
詳細は、公式ホームページよりご確認ください。

お客さまのご要望

自動お掃除エアコンですが、なかなかクリーニングをするタイミングを逃しており、いろいろな業者さんを検索するも、結果としてどこに頼もうか悩んでおりましたが、ネットで評判のいい「神奈川ハウスクリーニングセンター」さんに辿り着きました。

施工前

jirei_image38673

自動お掃除エアコンでも、シャープのメーカーに関しましては、難易度が高いことにより、どの業者さんでも対応できるものではございません。しかし、神奈川ハウスクリーニングセンターでは、対応できるように日々、研修などで技術を向上しております。

施工中

jirei_image38674

一つ一つの部品を丁寧に分解して、機種ごとに手順が異なりますので、確認しながら進めていきます。

jirei_image38675

エアコンの外装カバーを分解して、お掃除ロボットも配線やコネクターを丁寧に取り外して、接続部分などもチェックしていきます。

jirei_image38676

分解後は、養生してエアコン内部を高圧洗浄していきます。内部からは、どんどんカビが流れ出てきます。

jirei_image38677

エアコン内部から汚水は、真っ黒な水です。

jirei_image38678

シャープのエアコンでは、売り物である「プラズマクラスター」が付いております。このプラズマクラスターもカビだらけとなっております。丁寧に、プラズマ発生器を洗浄します。

jirei_image38679

お掃除ロボットも丁寧にクリーニングして、詰まっているホコリなども除去します。また、お掃除ロボットの裏側には、熱交換器に付着している部分がカビだらけとなっていることがほとんどです。

jirei_image38680

お掃除ロボットでは、フィルターを自動でクリーニングして、回収したホコリなどを外に排出すること、また機種によっては、回収ボックス(ゴミ回収箱)などにもたまりますので、半年に一度はクリーニングすることがおススメです。

jirei_image38681

クリーニングがパーツも全て終わると、あとは丁寧に組み立てとなります。一つ一つの部品を確認しながら、配線の接続などをチェックします。

施工後

jirei_image38682

組み立てが終わると、起動確認をして、最終チェックには、自動お掃除ロボットの起動まで確認して、終了となりますが、この工程だけでも20分は要します。

お客さまのご感想

やはり、プロとしてのエアコンクリーニングで、内部からは汚れた水が出てきて、驚きました。また、自動お掃除エアコンだからクリーニングが必要ないと思っておりましたが、業者さんの説明通り、内部がカビだらけでした。今後は、年に一度クリーニングを頼もうと思います。

業者さんからひとこと

いろいろと業者さん選びには、多くのお客様の声として、悩みどころのようですね。ネットで検索しても、ハウスクリーニング業者、エアコンクリーニング業者は多く表記されますので、口コミ評価などを参考に選択されることもいいかと思います。
今後は、ハウスクリーニングなどお掃除でも、神奈川ハウスクリーニングセンターをご利用いただきますこと、宜しくお願いいたします。

神奈川ハウスクリーニングセンター
公式ホームページhttp://khc-center.flips.jp/


お客さまのご要望

お掃除ロボットがついてる機能です。エアコン内部のクリーニングを一度もしたことがなかったので、汚れが気になっています。プロのクリーニングをお願いしたいです。

施工前

jirei_image31541

パナソニック製品。自動お掃除機能搭載エアコン分解クリーニング作業。

施工中

jirei_image31542

エアコン内部を確認すると、お客様は毎年プロの業者にクリーニングを依頼しているとのこと。しかし残念なことに、内部のカビは、お掃除ロボットを完全に分解していないようで、ロボット裏側などにカビが隠れるように発生しておりました。
*ここで注意していただきたいことは、業者さんによっては、ロボット機械部分を完全に分解しないこともあります。

jirei_image31543

画僧がぼけてしまいました・・・
申し訳ございませんが、これが自動お掃除ロボット部分。
分解したものです。

jirei_image31544

完全にお掃除ロボット部分を撤去したエアコンです。
ここまで解体すれば、あとはスタンダードタイプ同様に、養生して、クリーニングを進めます。

jirei_image31545

エアコン内部の基盤には、多くのコネクターがありますが、丁寧に一つ一つ確認しながら外していきます。
しっかりと点検確認して、養生します。

jirei_image31546

エアコン内部に薬剤を塗布して、ブラッシングします。
毎年、クリーニングをしていても、やはり内部の奥には多くの汚れがありました。
キレイに洗浄します。

jirei_image31547

エアコンの温度を調整する心臓部分とも言われる、「熱交換器・アルミフィン」にはギッシリとカビカビカビ・・・・
ここまで汚れているとは・・・・
しっかりとクリーニングします。

jirei_image31548

見事に、内部から排出された汚れが・・・驚くほどのヘドロだった・・・・
ドレンパイプにも詰まっていた、ヘドロ汚れ
*業者さんによっては、使用する薬剤は違います。神奈川ハウスクリーニングセンターのエアコン洗浄剤は、ここまで凄いものなんです!!

施工後

jirei_image31549

エアコン内部の汚水がこれです!!
バケツの水は真っ黒・・・・
これで安心していただけますね。

jirei_image31550

さてクリーニング後は、内部乾燥して、しっかりと防カビ抗菌仕上げです。

jirei_image31551

さ~あ。おいしい空気を家族で、味わいましょう~
技術員も、仕上がりに納得!!
起動確認して、スッキリした気持ちです。

お客さまのご感想

クリーニングを見ていて驚くほどの汚い水がエアコンから流れてきたので、唖然としました。また、作業員の方が、エアコン内部にゴキブリの形跡があるとおっしゃられ、クリーニング中にゴキブリの死骸が出てきて、更に驚きました。
さすがプロです。今後も、神奈川ハウスクリーニングセンターさんに頼りたいと思っております。

業者さんからひとこと

この度は、神奈川ハウスクリーニングセンターをご利用いただきまして、誠にありがとうございました。みなさん自動お掃除機能搭載タイプのエアコンは、クリーニングが必要ないものと思われているようですが、エアコン内部のカビ発生状況は、スタンダードタイプと変わらず、同様にカビは発生するものです。今後は、定期的にクリーニングをされることを、おススメさせていただきます。


お客さまのご要望

宿泊施設・ホテルの客室エアコンから、水漏れなど毎年、トラブルが多いため、今年の夏はエアコンクリーニングをして、トラブル防止をしていきたいと思っております。
*ダイキンメーカーエアコンですので、メーカーさんのメンテナンスをしていただいておりますが、毎年、内部のカビがドレンポンプを詰まらせることが原因と言われておりました。

施工前

jirei_image32307

ホテル・宿泊施設のエアコンは、天カセタイプ・天井埋め込みタイプのエアコンが多く利用されております。
客室のエアコントラブルを事前に防止するためにも、定期的に分解クリーニングをおススメしております。

施工中

jirei_image32308

エアコン周囲の養生をしっかりとして、周囲を汚すことないように、丁寧に対応していきます。
また、高圧洗浄をする際にも、床周囲に注意を払います。

jirei_image32309

エアコン内部のカビ・ホコリ・汚れをしっかりと洗浄していきます。アルカリ洗剤を使用して、カビを溶かして、熱交換器アルミフィンをしっかりと洗浄します。洗剤成分を残さないように、高圧洗浄していきます。

jirei_image32310

エアコン内部のカビ、ドレンパン内部のカビ、エアコンの風を吹き出す部分にもカビが多くみられました。
しっかりと洗浄して、奇麗に洗い流します。

jirei_image32311

水漏れの原因とされる、ドレンポンプがカビ汚れから、細菌の繁殖により、粘液状のスライムが繁殖していきます。
スライム状になると、ドレンポンプを詰まらせてしまい、水漏れの原因となります。
エアコン内部をしっかりと洗浄して、ドレンポンプの詰まりも解消します。

jirei_image32312

微生物バクテリアの繁殖により増加したスライムが、エアコン内部の熱交換器・アルミフィンまでもドロドロに粘状のカビが繁殖しておりました。ここまでなると・・・いつエアコンが故障してもおかしくはありません。当然、水漏れの原因となります。

jirei_image32313

アルミフィンにもしっかりと高圧洗浄で、一撃でクリーニングしていきます。カビを抑制するように、内部の洗浄を丁寧に仕上げます。

施工後

jirei_image32314

これが、エアコン内部のカビ・汚水です。
スライム細菌・バクテリアもここまで、しっかりとクリーニングできました。洗浄水は、約30?~40?も使用します。

jirei_image32315

奇麗にクリーニングした、アルミフィンもシロッコファンも、とてもキレイに仕上がりました。
ここまでアルミフィンが光れば、もう一安心です。
冷却効果もバッチリ!!冷房の効き目も、効率が良くなります。

jirei_image32316

ホテルの客室もとても奇麗な空気が漂い、お客様も気持ちよく利用できます。
営業中のエアコントラブルも防止出来て、営業に支障がでないこととなります。
経営者の方のお力となるように、日々、私たちはサービス向上させていただいております。

お客さまのご感想

とても丁寧に、奇麗に作業をしていただきました。
作業も、室内環境を汚すことなく、しっかりとした養生で安心できました。内部の汚れ具合、今後のメンテナンスも理解できました。今後も、定期的にクリーニングをお願いしたいと思います。

業者さんからひとこと

この度は、​神奈川ハウスクリーニングセンターのエアコンクリーニング​をご依頼いただきまして、誠にありがとうございました。弊社では、宿泊施設、ホテル関係のエアコンクリーニング、店舗やオフィスのエアコンクリーニングを日々、施工しております。お客様には、安心してご利用いただけるように努めてまいります。今後とも、宜しく、お願いいたします。



エアコンが突然の水漏れ…
原因はカビやホコリなどの汚れが大半であるが、市販のエアコンクリーニングスプレー缶を使用されて、翌日には水漏れなど…
この暑さで、突然の水漏れには困りますよね(><)

こんな時は、まずドレンホースクリーニングチューブを排出口から差し込み、室内エアコンに水を流し込むのです。
その際、ドレンホースチューブは差し込んだまま。

そして、一気に排出させます!


一気に排水が吹き出します!
これで一安心。
しかし、ここからは、エアコン洗浄をしっかりとして仕上げます。

エアコン内部には、詰まりの原因と思われるカビやホコリなどの汚れがドッサリ。

エアコンから排出される、室内機のカビもこの通りでした。
※快適なエアコンの使用ができるように、定期的にクリーニングされることを、おすすめします。

神奈川ハウスクリーニングセンター
お問い合わせ📞046-888-3897
営業時間8時~19時


↑このページのトップヘ