神奈川ハウスクリーニングセンターのブログ

神奈川県内を全域で対応しております、ハウスクリーニングサービス業です。神奈川ハウスクリーニングセンターでは、エアコンクリーニング、ハウスクリーニング、店舗清掃、お掃除サービスとして常に地域一番店を目指し、日々精進して参ります。

横浜市エアコンクリーニング、川崎市エアコンクリーニングなど中心として、神奈川県内全域で対応しております【神奈川ハウスクリーニングセンター】です。年間リピート率8割を超えるほどの、お客様の信頼と信用を確立しており、また神奈川県内のホテルサービス業界などでも、多くの支持をいただいております。
エアコンクリーニング年間台数としては、1500台以上施工しており、プロとしての確かな技術で対応しております。

こんにちは。​神奈川ハウスクリーニングセンターの木村​と申します。
昨日は、旅館業で客足が低迷して、倒産する会社が出ております。今では、他業種の方々でも死活問題となっており、いろいろな企業でも厳しい現状となっております。
我々の業態でも、リフォーム業者・ハウスクリーニング業者ともに、3月からの引っ越しシーズンに繁忙期が来ないのではないかと、不安な声が出始めています。
現時点で、ハウスクリーニング業者では2月の売り上げが激減しており、3月の清掃予約が入ってこない状況です。
ハウスクリーニングの前に、リフォームを依頼するケースが大半ですが、リフォーム業者でも依頼が止まっているとのことです。
また、企業間での人事異動が無いとの声も聞いており、大手企業の移動が無いと、不動産物件の動きもないとのことです。
新型コロナウイルスで、様々な企業の仕事が止まっているのも現状となっております。
2月末に収束傾向が見られれば、3月末にはなんとか打破できるものと思われますが、3月末でも感染拡大が起こることで、5月まで危険な状況となります。

神奈川ハウスクリーニングセンター

こんにちは。​神奈川ハウスクリーニングセンターの木村​と申します。
昨日は、旅館業で客足が低迷して、倒産する会社が出ております。今では、他業種の方々でも死活問題となっており、いろいろな企業でも厳しい現状となっております。
我々の業態でも、リフォーム業者・ハウスクリーニング業者ともに、3月からの引っ越しシーズンに繁忙期が来ないのではないかと、不安な声が出始めています。
現時点で、ハウスクリーニング業者では2月の売り上げが激減しており、3月の清掃予約が入ってこない状況です。
ハウスクリーニングの前に、リフォームを依頼するケースが大半ですが、リフォーム業者でも依頼が止まっているとのことです。
また、企業間での人事異動が無いとの声も聞いており、大手企業の移動が無いと、不動産物件の動きもないとのことです。
新型コロナウイルスで、様々な企業の仕事が止まっているのも現状となっております。
2月末に収束傾向が見られれば、3月末にはなんとか打破できるものと思われますが、3月末でも感染拡大が起こることで、5月まで危険な状況となります。

神奈川ハウスクリーニングセンター

日本全国各地で感染拡大が始まっている状況で、春の引っ越しシーズンに影響があると考えられます。
当然、引っ越し業者も営業がどの程度されるのか、不安な状況です。

例えば、マンションなどの管理組合でも、マンション内での感染者を出したくないことも事実。
出来る限り、マンションの入り口で阻止する必要があります。特に、タワーマンションなどでは、住宅密集型の高層マンションですので、内部で感染者が発生すると、エレベーター、通路、共用部分の空調システムが一体化している場合、ウイルスがダクトを通過し空調から吹き出されると、集団感染の恐れも考えられるのでは無いでしょうか?

今の時点で、収束に向かうとしても、完全に終結するのはゴールデンウィーク近くまで行くのではないでしょうか?
これは、ハウスクリーニング業者、引っ越し業者、リフォーム業者などにかなりの影響が見込まれます。
春の引っ越しシーズン繁忙期に向けて、どのような対策をするのか、各企業の悩みどころとなります。

また、第二の課題として・・・・
ハウスクリーニング業者の中には、室内の消毒業務を対応している業者です。
万が一、感染拡大して様態急変した場合などで、アパートなどの一人暮らしで孤独死など発生した場合、処理後の感染防止策として次亜塩酸不足入手困難な状況が発生すると、対応ができなくなります。
現時点でも、各メーカーからの入手する消毒液が不足しており、入荷まで10日前後かかっております。
日本でも、街中での消毒作業が発生すると、当然対応に追われることとなります。

各不動産会社さんも、万が一のときに備えて、ハウスクリーニング業者との綿密な打ち合わせを現時点で進めておくことを検討されるといいと思います。

今の時点で先行して消毒液をストックしても、未開封での消費期限が6カ月から8カ月となっているため、不用意に発注するわけにはいきません。
この点を、政府としても即座に対応できるように、事前検討することが必要ではないでしょうか?

神奈川ハウスクリーニングセンター

本日も全国各地で、新型コロナウイルスの感染者が増え始めております。
集団感染の疑いもこれから出てくるので、しっかりと感染拡大をまだまだ予測しないといけません。

これからの防御することとして・・・
1.学校の中でも増える可能性があります。感染拡大を防ぐなら、教室の窓を開けて密閉空間をつくらないことでしょう。
2.また、これについては、学校だけでなく、電車・バス・会社オフィスなどの窓を開けることです。
3.そして、エアコンの使用を停止することも必要ではないでしょうか?エアコンはビル・病院などでは空調が同一ダクトを通過することがあるので、これも疑いがあります。
4.今の時期は、上着・スーツを着用しておりますので、帰宅したらハンガーに吊るして、除菌スプレーを吹きかけて乾かすことが重要です。
5.手洗い・うがい・マスク着用・+洗顔を公共乗り物を使用した後すぐ洗顔すること。
6.今後の増加傾向が伸びるとなれば、食料の備蓄をされることを考える。米・塩・味噌・醤油・ふりかけは最低限確保。カップ麺などは、ゴミが出る量が増えますし、ストックする量に限界があるため。
7.毎日二回・朝晩家庭内で検温することです。体温を計測することで、早期発見です。
8.加湿器に除菌薬剤を使用することも考えますが、この薬品は個人で簡単には入手できません。
9.現在の体力免疫力をあげましょう。・亜鉛サプリメント・ビタミンサプリメント・レバー・みかん・納豆・キムチ・チーズ・ヨーグルト・カルピスなどを毎日摂ること。
10.1日6時間以上の睡眠時間を確保すること。6時間以上睡眠をとることで、白血球を安定して保持できる。

今までケースからみて、こんな感じになりました。
いろいろな感染防止に他にも考えれるとは思います。皆さんが情報を入手して、多くの人たちが感染拡大に努めることが必要です。
市中感染からの拡大を最悪な状況を考えることが出てきていることを把握する必要があります。






本日、2月20日にも豪華客船プリンセス号の乗客を除き、新たに6都道府県からの感染者が発表されました。
北海道では、雪まつり事務作業をしていた人も感染と報じられております。もしかすると、ウイルスは雪の結晶などのパウダーで耐えれるものなのでしょうか・・・もしも雪などの表面で耐性があるとしたら、パウダーで舞ったりすると・・・
それとも、誰かとの接触で感染なのか・・・

沖縄県の感染者も、市中感染の疑いがあり、どのようにして感染したのかと疑問です。現段階では、沖縄県でも3名の感染が確認されております。

千葉県では7人目の感染を確認しており、感染経路が不明です。

憶測で考えればいろいろな状況が考えられます。
・飛沫感染・空中からの空調関係(空調ダクト)・エアロゾル感染(霧状に浮遊する粒子に混じったウイルスを吸引する)もしエアコンのフィルターを通過して、ウイルスはどうなるか・・・
エアコンの内部構造は、フィルターを通過して室内の空気を内部の熱交換器アルミフィンを通過して、室内に冷気又は、暖気を送り出す構造です。夏場のエアコンは、湿気により内部の熱交換器に水滴が付着して細かいホコリなども詰まるほどに通過することはありません。しかし、暖房では、乾燥しているため内部のアルミフィンは細かいホコリでも通過ができるのです。
これはあくまでも憶測ですが・・・

現在は患者の治療を優先して感染拡大策としても「手洗い・うがい・マスク着用・洗顔・密閉空間室内の空気の流れ」を外気を通すことが望ましいと思われます。

市中感染が確認されてから最初の発症者から2週間経過でどのぐらいの感染者が出るのか・・・不安なところが多い現状です。

対策として
充分な睡眠と休養を取り、体力を蓄えましょう。また、免疫力を高めるためにも、納豆・チーズ・ヨーグルト・キムチ・カルピス乳酸菌を摂取しておくことも必要です。

電車などの公共乗り物を避けるなどの対処をしましょう。
車などでも、少し窓を開けることで感染確率は低くなるようです。

↑このページのトップヘ